メルボルンで仕事探し!
バリスタとしてワーホリ日本人がカフェで働く!

post111

カフェの溢れるメルボルンで僕みたいなワーホリで来ている日本人がローカルカフェでバリスタとして仕事をする事は技術や英語力だけでなく運がとても必要だと思います。

その運を最大限に活かす為にどうやったか?何をしたか?方法など。
これからメルボルンでバリスタとして働きたい人の為になれば良いなと想い書いてみます。

僕は実際にメルボルンのローカルカフェでバリスタとして働いています。
実際、僕はかなり運が良かったと思ってます。
それを「奇跡」と呼びますw

英語力はIntermediateから毛が生えたレベル。
メルボルンに来てから初めてエスプレッソマシーンを触りました。
コーヒーの知識が豊富だったり、素敵なラテアートが出来る訳でもない。
こんな状況下でもバリスタジョブを手にできたのはやはり、奇跡的に運がよかったのだと思います。

それでも、僕なりに出来る限りの準備と努力をしてきました。
数少ないチャンスをモノにできるかどうかは結局、
本人のやる気次第だと思からです。

espresso

とにかく経験を積んでバリスタの仕事が出来るように努力した。

バリスタサティフィケイトを取得するのも大切ですが、1日、2日のコースじゃ実戦で働ける技術や知識は得られません。

どこで経験を得よう?

ここがまず大きな問題だと思います。

レジュメを配ってる時にほとんどのカフェのオーナー達から聞かれたのが

「経験はあるのか?」

でした。

僕は「あります!」と答えられる準備をしてからジョブハンティングに望んだので「あります!」と自信はないけど胸を張って言ってましたw

どうしたのかと言うと。
僕の場合、偶然に友達からボランティアだけどバリスタとして働けそうな所があるよって教えてもらってそこの説明会に言って2,3ヶ月バリスタやりました。

もちろん最初から作らせてもらえないのでウェイターみたいな事やりながら合間で教えてもらって段々ポジションを手に入れていった感じです。

そこで少し時間を費やしましたが、英語環境で働く事にもそこで慣れましたし、バリスタの仕事の仕方も教わりました。その経験が今の僕にとってとても大切なのは間違いありません!

とにかく練習!練習!っとバリスタのみんなが言う。

そう、日本人のバリスタもオージーのバリスタもみんな口を揃えて言うのが「練習」の一言。
ミルクスチーミング、グラインダーのメッシュの合わせや美味しいエスプレッソの入れ方、ミルクの注ぎ位置やレシピの作り方、味の捉え方など。

これら全部が上手く出来ないと美味いコーヒーは作れない。しかも、基礎は同じですがバリスタによってやり方も違うので、結局自分がやりやすい形、美味しいコーヒーを淹れられる形を自分で見つけるしかありません。良い所は全部吸収!その為に練習あるのみ。
経験を積み失敗を繰り返し学びます。

どこで練習しよう?

僕はバリスタのサティフィケイトを取得する時に、その後もそのスクールで練習できる場所を選んだので週に2回くらい練習してました。
ボランティアも合わせると週に3,4回はエスプレッソマシーンに触れてコーヒー作ってました。

ここで1番大切に思っていたのは、練習中でも常に本番(働いている時)をイメージして作ってました。
僕はすごく大切な事だと思います。

いつでも安定して美味しいコーヒーを淹れられてお客さんに提供できる事が働く上では必要だと思うからです。

意識の違いで同じ練習でも質が変わるはず。僕はいつもエスプレッソマシーンの向こうにお客さんが待っている事をイメージしてます。

そうやって少し緊張感をもってやるだけで、エスプレッソやミルクの変化にも敏感になれます。
そうすれば練習中に気づける事はきっと増えます。

Nobuさんにトレーニングしてもらった!

今メルボルンに、日本人のラテアート世界チャンピオンがカフェで働いています!
偶然に知り合うことができ、その後、彼がマンツーマンでトレーニングしてくれる事を知り懇願してバリスタトレーニングしてもらいました。

これまで英語で教えてもらってたので100%理解してたわけではない事とか疑問を根掘り葉掘り教えてもらいました。
これまで不安だったミルクスチーミングやエスプレッソの抽出とかも自信が持てたし、たくさんアドバイスも頂きました!
この経験があったからこそ、より一層自信を持ってトライアルやらに望めたんだと思います。
ちなみに、めっちゃいい人です!

メルボルンカフェ

後はレジュメを配りまくって当たって砕けろ!

ここまで準備してきたら後は直接お店に出向いてレジュメを配りましょう!
お店のドアとかにバリスタ募集の張り紙がある所のほうが確立高いです。が、競争率も高いです。

同時進行でGum tree とかの仕事探しサイトからも応募するといいかもです。
僕が直接レジュメを配ったお店は6軒、サイトから応募したのが6軒くらいでした。

これはかなりラッキーな方だと思います。期間も1ヶ月くらいで仕事が決まりました。
ここから僕なりのレジュメを配る時のアドバイスです。

カフェ巡りを楽しみながらジョブハンティングする。

仕事探し!仕事探し!ってなると多分疲れちゃいます。せっかくメルボルンにいるのだから色々なカフェを楽しみながらジョブハンティングした方が楽しいし、色々なコーヒーを見れるので勉強になります!
思わぬ場所でまた違ったカフェを見つけれるかもしれませんよ!

メルボルンカフェ

ラテとフラットホワイトを作る。

レジュメを配っているとその場で「コーヒー作ってみて!」って言われる事があります。
これはカフェ側が「こいつコーヒー作れるならトライアルしようかな。」と考えてる合図です!

僕は一軒でしか作ってないので聞いた話ですが、ほとんどはラテとフラットホワイトを作らされるそうです。

僕の場合はなんでもいーよ!って言われましたが、ラテとフラットホワイトを作りました。

「もう、一回なんでもいーから作って」
って言われてもう一回同じコーヒーを作りました。
これにな僕なりの意図があり、何回でも同じモノ作れます!っていうのを見せたかったんです。

なので、練習する時などはカップとグラス両方で練習した方がいいと思います。
(メルボルンではラテをグラスで、フラットホワイトをカップで提供するのが基本です。)

エスプレッソは何グラム?

ラテとフラットホワイト。
シンプルだからこそ難しい。ラテアートも誤魔化しが効かない。
難しいラテアートをする必要性はないと思いますが、フロスの量、作る順番、手際の良さ、なども気にかけたら更に良いと思います。時と場合によっては「ロングブラック」も作らなければなりません。

そこで大切なのが「レシピ」「決まり事」
カフェによって、エスプレッソのレシピ、カップの種類やミルクの場所、レギュラーミルクとソイミルクのジャグの使い分け、スケーリングの有無など。わからない事はまず、作り始める前に聞いたほうがスムーズにできます。

というよりも、「聞くこと」自体がとても重要。それをできないバリスタは今までスペシャリティーのカフェで働いた事がなく即戦力にみられない可能性もあります。そもそも聞かない事にはちゃんとしたコーヒーを淹れれません。
ガツガツ聞いちゃいましょう!

そして、あなたが実際にコーヒーを淹れる前にチャンスがあれば、カフェのバリスタがどうやってコーヒーを作っているのかチェックするといーですよ!

▷ 次ページへ

ニュースレターのお知らせ

僕Yutaroが代表を務めるプロジェクトチームSC Melbourneのイベントお知らせやワークショップなどYutaroからコーヒーのコト、バリスタのコト、留学などについての配信を希望していただける方へすごく不定期ですがニュースレターをEメールします。
ちょこっと興味あれば下記から登録してください。

※いただいたあなたの情報はYutaroからのお知らせ以外には絶対に使用致しません。

オンラインワークショップ

ほにゃらら

メルボルンのコーヒー事情やメルボルンでバリスタとして働く事、海外留学に向けてのアドバイスや生のリアルな情報をあなたの元へ。
オーストラリア・メルボルンから自身の体験を元にあなたの悩みや疑問を相談・解決します。
自宅やキャンプ場でも美味しいコーヒーを淹れる事ができるコーヒーレシピ&淹れ方も紹介!
専用Facebookグループにて開催中!

  • mail

    Mail

    ご質問やご意見はこちらからメールをください。

  • stories

    Stories

    たくさんの物語があなたを待っています。

  • blog

    Blog

    海外での暮らしや情報を配信します。

  • facebook

    Facebook

    最新情報や素敵なお知らせをお届けします。

Webサイト上にあるコンテンツの無断転用・無断転載をお断りいたします。

△ Page Top