海外移住!オーストラリアへワーホリを決めてからした3つの事!

post111

これから世界のどこかへワーホリでも語学でも留学しようとしている人へ。
僕が実際にオーストラリアのメルボルンへのワーキングホリデー前に準備した事。

メルボルンの街

海外エージェントを探す

海外へ生活の拠点を半年もしくは1年だけとかでも移す事はかなり色々な事を犠牲にしないといけません。
学生の方なら学校の単位やらなんやらで休学しなきゃいけなくて。
そしたら周りの友達と一緒に就職できないし社会人なら会社を辞めて、とか家族の事や友達の事など色々。

それでも、新しい何かを見つける為や今までできなかった経験をしに海外に行くという「覚悟」をしなければなりません。

覚悟が決まったらまずはエージェント探し。 

別にエージェントの力借りなくてもいーよって人はいいです。が、多くの人は不安でしょう。
僕も高いお金を払って安心を得ました。

実際、VISA、語学学校、ホームステイもしくわアコモデーションなど様々な手続きが必要なのでそれをする時間とかの兼ね合いも考えるとエージェントにお願いした方が手っ取り早いし楽です!

ちなみに、オーストラリアでお世話になってるエージェントさんで「オーストラリア留学センター」があります。
日本にいてもスカイプなどで連絡してくれるのでとても助かりますよ!
メルボルンをはじめに、ブリスベン、シドニー、パース、アデレード、ゴールドコーストに支店があります。
日本にいる時から知っておきたかった。。。

もちろんスタッフさんは安心の日本人!

目標を貼る、プランを立てる

頭の中だけで考えていると、それはいつしか薄れてきたり何をしたらいいのなわからなくなります。
せっかく決めた覚悟を貫く為に目標を書いて壁に貼りましょう。

僕は気合い入れて筆と墨汁でやりましたw
こんな事でも毎日、目にすると不思議と常に意識するようになるものです。

さらに、Excelとか使って時系列に沿ってプランを立ててみて下さい。
はじめはノートに書きなぐりでいいです。
しっかり何が必要でお金はいくら貯金して、いつまでに何を用意しなきゃいけないのかこの時に整理できます。

実はここのステップが一番重要です。

何を計画するにもここをないがしろにすると、結局は考えてるだけで何も実行にうつせません。
僕の周りにもそーいった人はいます。

要はそこが本気かどうかの差だと思います。

必要な情報を整理する事で今あなたがしなければならない事がより明確になります。
僕はちなみに5年分の計画を当時立てました。

結局、お金も順調に貯まり3年で渡豪しました。

英語の勉強

みんなが一番不安な英語。
そんなに話せる人っていないですよね。僕も話せません。

でも、大丈夫!本気なら始めは英語話せなくても学ぶ気持ちがあれば少しずつ話せるようになります!
とりあえず買い物くらいはできるようになります!

僕は学生の頃、赤点とってました。でも今は買い物もできるし働いている店で注文もとれます!

先ほど立てた計画でも3年の準備期間がありました。なので3年一応、英語の勉強しました。

お金を払って買って良かったのは、
木村ゆみさんの「 IELTS実践トレーニング CD2枚付」

ただ、これIELTSのテストの時にだけ使いました。
他にも本買って開いてみたのだけどほとんど勉強しませんでした。
IELTSの時には大活躍でしたよ!

オフラインでも使える英語辞書APP「WISDOM」はi-phoneでめちゃくちゃ使ってます。
今でもいつでも大活躍です。
これ買った方がいいです本当に!


後は、NHKの英語番組とジブリの英語版をひたすら見る、聞く。
たまにBGMかわりに流していた事もあります。

ジブリとかストーリーをわかっているから英語でも理解しやすいですよ。
しかも実際に英語を喋る事を想像しやすい!

と、いう具合に日本で英語の勉強したといえば上記の「テレビ学習」くらいでした。
っていってもほぼ見てるだけ。。

まとめ

さて、オーストラリアへワーホリを決めてから僕がした3つの準備でした。
さして大した事してないです。それでも今、オーストラリアのメルボルンでとても有意義な生活をおくれています。

大事なのは特に「プランを立てる」こと。

プランだけ立てちゃえば後は実行するだけ。もうやることわかっているから。
あなたも来年には海外のどこかにいるかもですね。

ジブリの映画で個人的には「耳を澄ませば」が一番です。

  • mail

    Mail

    ご質問やご意見はこちらからメールをください。

  • stories

    Stories

    たくさんの物語があなたを待っています。

  • blog

    Blog

    海外での暮らしや情報を配信します。

  • facebook

    Facebook

    最新情報や素敵なお知らせをお届けします。

Webサイト上にあるコンテンツの無断転用・無断転載をお断りいたします。

△ Page Top